お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« アンプ検討用シャシー製作 | トップページ | 2つのダイアモンド »

2022年10月 2日 (日)

ダイアモンド差動回路 DDCA-01基板

Ddca01

かつて山水電気のアンプに搭載していたダイアモンド差動回路を採用したDDCA-01基板です。

 

Diamond_diff

1979年頃にAU-D907等に搭載された回路です。 通常の差動アンプでは初段に流れる電流と2段目の位相補正容量でスルーレートの制限を受けるのですが、ダイアモンド差動回路はCurrentFeedbackAmpみたいに差動回路でありながら電流制限が無く高いスルーレートを実現したものです。今から40年以上も前にこのような素晴らしい回路が存在していました。

 

 

 

Ddca01_sch

こちらがDDCA-01基板の回路図です。山水電気のアンプはさらにSuper-FFやバランスアンプに発展しましたが、DDCA-01は素のダイアモンド差動回路です。ただし赤で囲んでいる部分はDDCA-01のオリジナルです。ダイアモンド差動回路は電流出力となっています。それを高精度なウィルソンカレントミラー回路で高精度にI/V変換しています。

Sansui_dia

こちらは山水電気の3段目です。どちらがいいとは断定できませんが私のオリジナルの回路も入っている事が重要?です。

現在動作していまして、音質検討などをしています。うまくいかなかったことなどもありますので、ブログにUPする予定でいます。

 

 

 

« アンプ検討用シャシー製作 | トップページ | 2つのダイアモンド »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンプ検討用シャシー製作 | トップページ | 2つのダイアモンド »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31