お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« CFA-02基板配線ミス | トップページ | ダイアモンド差動回路 DDCA-01基板 »

2022年9月24日 (土)

アンプ検討用シャシー製作

Img_4048 

2つのアンプ回路をコネクタを差し替えるとすぐ比較できるシャシーを製作しました。

 

 

ケースはAliexpressで購入しました。送料がやたら高く本体18000円、送料10000円くらいだったと思います。

ボリュームノブ、電源スイッチ、ACインレットが付いていて、穴加工もしてあるのがいいです。

特にACインレット等の丸穴以外の加工はかなり大変ですから。

 

Img_3833_20220924193201

ボリュームは以前紹介したLuxman C-06等に採用された32接点アッテネーターです。

Trans

 

電源トランスは2つ装着しています。縦についているのは整流後18V、もう一つはマランツのおそらくSM-5に使用していたものです。
整流後58Vで電圧増幅段用の出力もあります。

 

Pcb

このように2つのアンプを瞬時に比較できます。同一電源、同一ボリュームで理想的に比較可能です。
下の基板はCFA-02です。

そして上の基板はダイアモンド差動回路を搭載したDDCA-01です。

出力段の設計はCFA-02と全く同一として、電圧増幅段が変わっています。アンプ回路の違いのみで音質がどのように変わるかを検討します。

回路の詳細はまた後日ということで。

 

 

« CFA-02基板配線ミス | トップページ | ダイアモンド差動回路 DDCA-01基板 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CFA-02基板配線ミス | トップページ | ダイアモンド差動回路 DDCA-01基板 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31