お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« スカイライン ER34 カーオーディオ変更 CarPlay対応 | トップページ | SONY WH-1000XM4 音質はソフトドームフルレンジ? »

2020年9月 4日 (金)

WH-1000XM4 オーディオメーカーはこういう製品を作らないと

Xm4_01

発売日にゲットしました。

Xm4_02

箱を開けるとこうなっています。

今の時代、アマチュアでもKiCADを使って中国業者に頼めば格安で基板ができる。DACICの推奨パターンを引いて性能は確保できる。純粋なオーディオメーカーは200万ちかいプリアンプをモデルチェンジしてS/N比を3dB向上しましたとさ。

録音現場の暗騒音から考えて意味があるとも思えない。アマチュアとの差がなくなっていく。

 

WH-1000XM4

いろんなWebsiteで絶賛。アマチュアではとても真似することのできない領域。こういうのをメーカーは作ってほしいと思います。

ノイズキャンセリング性能が素晴らしいのは当然ですが、操作性、使用時間30時間。スキのない製品です。

ノイズキャンセリングヘッドホンはBOSEが先行していましたが、抜き去ってしまった。SONYかっこいいですね。

 

K777_mx1000

SONYのカセットデッキ TC-K777ESです。

テープメーカーのリファレンスデッキとして使われてました。

他にもベータHifiビデオデッキなどかっこいい製品が多かった。

最近はミラーレス1眼などかっこいい製品が多いですね。

 

 

 

 

 

 

« スカイライン ER34 カーオーディオ変更 CarPlay対応 | トップページ | SONY WH-1000XM4 音質はソフトドームフルレンジ? »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイライン ER34 カーオーディオ変更 CarPlay対応 | トップページ | SONY WH-1000XM4 音質はソフトドームフルレンジ? »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30