お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« ヤマハ製AST用スピーカー AST-S1をSDCA-03でドライブ | トップページ | YAMAHA AST-1 周波数特性測定 »

2019年12月23日 (月)

パラメトリックイコライザ付き電流検出正帰還回路+ターンオーバー周波数切替付き電圧ブーストアンプ SDCA-05

Img_1477

ついに完成しました。

電流検出正帰還帯域をどのスピーカーにも合わせこむとこができるパラメトリックイコライザと、電圧ブースト帯域もい

ろんなスピーカーに対応できるように3段階のターンオーバー周波数切替ができます。

 

ボリューム、電流検出正帰還量で2つ、パラメトリックイコライザで4つさらに電圧ブースト量、ターンオーバー周波数切替で計8個のつまみとなりました。

ついでに初段アンプを反転+電圧ブーストにしたので、正相出力アンプとなりました。SDCA-01,03は逆相でした。

世の中のバスレフスピーカーに対する適合度は?
その効果はどうか?

理論上はスピード感のある低音と量を両立できるはず。 

« ヤマハ製AST用スピーカー AST-S1をSDCA-03でドライブ | トップページ | YAMAHA AST-1 周波数特性測定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマハ製AST用スピーカー AST-S1をSDCA-03でドライブ | トップページ | YAMAHA AST-1 周波数特性測定 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30