お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« Raspberry Pi で作るラジコン webiopi Ajaxを使用した実装2 | トップページ | ラジコン ダンパーの違い »

2017年10月29日 (日)

マイティフロッグ スバルブラット

Sbaru_brat

スバルブラット 1983年発売 11000円

シャシー形状が他にない形状で他のラジコンというよりバイクのフレームに似ています。カワサキH2R、Ducatiのトラスフレームに似てますね。モーターの位置が恐ろしく高い。トラクションには有利ですが。スバルブラットはRS-380モーターでシャシーが重たくかなり遅かったらしいです。再販されました。再販モデルはリアにオイルダンパーを装備しています。モーターもRS-540SHとなりマイティフロッグと同等の装備でした。

実車の中古を検索したら全国に1台ですがありました。

Frog_old_2

マイティフロッグ 1983年発売 14800円
スバルブラットをレースで勝てるようにしたモデル。モーターはRS-540SH、リアにはデフギア搭載。リアにはオイルショック装備。このオイルショックは伸び側と縮み側の減衰力が異なってました。伸び側がかなり減衰力が高くて、そこまで伸びが遅くなくていいだろって思いました。この時代はタイヤに空気穴がありかなり柔らかい。それにまだ未熟な作動性の悪いサスペンションといった組み合わせです。今は剛性の高いタイヤと滑らかに動くサスペンションの組み合わせです。上下の凹凸には両社ともそれなりにいいのですが、コーナーリングに違いがありますね。タイヤの剛性がないため横剛性がない。んん となると高い位置にモーターがあってもそれほど問題ないか?

現在のラジコンと比較すると劣っている点は
1.重心が高い。
2.フロントにダンパーがない。
3.リアサスの作動性
4.ボールデフでない。
5.リアタイヤの剛性
6.フロントタイヤのグリップ
7.重量
8.ユニバーサルジョイントのロス

でしょうね。
なので全く歯が立たないでしょうね。
モーターのギア比の幅も少ないかもしれません。
ただし、バギーチャンプ、ワーゲンオフローダー、ファイティングバギーのようにリアのキャンバーが恐ろしく変化することはありませんので、まだ勝負になると思います。フロントタイヤはグリップのいいものに。リアタイヤは復刻版がどれだけの作動性があるかで考えたいですね。タイヤを変えるかを。でもタイヤの固定方法が違ってました。そういえば。フロントは問題ないと思います。

New_frog_2
ネオマイティフロッグ 現在発売中 9720円
低価格ですが、設計は新しいです。DT-03シャシー採用。RS-540タイプモーター

ホイールベースが長くて安定している。サスペンションも4輪ダブルウィッシュボーンで高性能。ただしダンパーがフリクションタイプですので、作動性がいまいちです。これを高性能ダンパーに変えるとコーナリング時の安定性が向上します。手で動かしてみても初期作動のスムーズさが違うことが体験できます。これは大事なことで将来自動車を買うときに、安い車と欧州車、レクサス等ではダンパーのコストが違いますが、それを小さいときに体験できる。これは幸せなことです。人間がダンパーを手で動かすことなんでできませんから。ラジコンをしていると体験できますね。

« Raspberry Pi で作るラジコン webiopi Ajaxを使用した実装2 | トップページ | ラジコン ダンパーの違い »

ラジコン マシーン紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイティフロッグ スバルブラット:

« Raspberry Pi で作るラジコン webiopi Ajaxを使用した実装2 | トップページ | ラジコン ダンパーの違い »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30