お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« Raspberry Pi で作るラジコン セットアップ画面作成中2 | トップページ | タミヤ グラスホッパー ホーネット »

2017年3月20日 (月)

タミヤ レーシングマスター カンナムローラ

Rm1
レーシングマスター Mk1 カンナムローラ 26000円

競技用スペシャルですらすごいと思っていたところにさらに上回るスペックを持ったシリーズが投入されました。レーシングマスターMk1 カンナムローラ。
タミヤニュースにはLSD(リミテッドスリップデフ)の写真が大きく掲載されてました。

Rm1_1

デフギアの役目をやっと理解したのにその動きを制限するLSDって何のため?と思いました。LSDはとても厚みがあり、ベアリングもついていた。スピードコントローラーは前進のみ、後退の位置はブレーキとなり最高速時はマイクロスイッチを使用するという徹底ぶり。フロントセクションはキャスター、キャンバー等の調整が可能でした。モーターはRS-540SDブラックモーターを搭載。タミヤだけに供給してるんだ。これはすごい。あれっ あの革新的なサンドイッチタイヤがない?? よく見るとキャスター角が驚くほど小さい。ってこれが普通です。

Caster
こちら競技用スペシャルのキャスター

Rm_caster

こちら カンナムローラのキャスター

同じ時期に発売されていたのがayk(青柳金属工業)のRX3000。RX2000をさらに改良したもので主要レースを席巻してました。モーターはすでに現在のブラシモーターの主流となるスペックを備えてました。それがGZ1200Rです。分解可能、ブラシ交換可能、数種類用意されたローター等 RS-540SDブラックモーターとは比較にならないスペックでした。

Can_am_rx3000
えっタミヤってすごくないの? 当時は情報が少なく、私はタミヤニュースを読んでいて、カンナムローラ、バギーチャンプ、ファイティングバギー等の記事をみて感動していました。バギーチャンプなんて実車さながらのメカニズムだし。

まず重い。すごいと思っていたRS-540SDブラックモーターに対してaykは分解できるはるかにするんだ設計だった。同じくすごいと思っていたバギーチャンプも重くて他社製に全く勝てないことが分かった。

Rm2
レーシングマスターMk2 フェアレディ280ZX
レーシングマスターシリーズは高性能モデルが出てから廉価モデルが出ていました。
カンナムローラの26000円に対して15800円。F1の競技用スペシャルと同じ価格でした。モーター、スピードコントローラー、デフギアなどが異なりますが、複雑にカットされたFRPシャーシはほぼそのままでした。バック可能なのでこちらのほうが扱いやすい。オーラはあまりないけど。

Rm3

レーシングマスターMk3 トルネード
カンナムローラから2年後、15800円で発売されました。大幅な軽量化(やりすぎたところをほどほどにした)とレーシングパックと言われた現在の形状のバッテリー搭載を前提とした設計となってました。スピードコントローラーはたしか3段変速で1、2速の抵抗値を変更できた仕様だったと思います。後ろのFRPのカットは手で持ちやすいための形状なんでしょうか? 

Rm3_1

ボディはタミヤオリジナルであまりかっこよくない。

Rm4

レーシングマスターMk4 フォードC100
トルネードより2000円しか変わらない13800円なので、モーターが変わるくらいの変更点でした。ボディは実在した車でトルネードよりかっこいい。

Rm5

レーシングマスターMk5 ポルシェ956
トルネードから2年後 16800円で発売されました。当時主流の3Pサスペンションを搭載してました。フロントはキングピンが上下に移動する簡易的なサスペンションにリアは
リジットアクスルとなってました。リアのサスペンションはフリクションダンパーとなっていて、他社製のオイルダンバーに対しては劣っていました。モーターはRS-540SDブラックエンデュランスモーターでした。スピードコントローラーは専用設計の無段変速タイプ。

Rm6

レーシングマスターMk6 トヨタ トムス84C

Rm7

レーシングマスターMk7 ニューマンポルシェ956
共にレーシングマスターMk5より3000円安い13800円でした。変更点はモーターのみ。ニューマンポルシェ956がかっこよかった。このモデルが最後のレーシングマスターモデルでした。

Rm01

ところが、RM-01というシャーシが発売されました。RM-01のRMはレーシングマスターの意味でしょうか? ボディはレーシングマスターMk6のトヨタ トムス84Cと
Mk7のニューマンポルシェ956です。モーターはRS-380SHでバッテリーはLF1100-6.6Vバッテリーですが、RS-540タイプの搭載可能。3PサスにLSD効果を持つボールデフを搭載しています。価格は税抜き22800円です。

http://tamiya.com/japan/products/58521newman_porsche/

« Raspberry Pi で作るラジコン セットアップ画面作成中2 | トップページ | タミヤ グラスホッパー ホーネット »

ラジコン マシーン紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2247093/69990926

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ レーシングマスター カンナムローラ:

« Raspberry Pi で作るラジコン セットアップ画面作成中2 | トップページ | タミヤ グラスホッパー ホーネット »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30