お気に入り

  • ____
    RCB-01
無料ブログはココログ

« タミヤ アスチュート 9.6V 1700mAH SCR | トップページ | Raspberry Pi で作るラジコン セットアップ画面作成中2 »

2017年3月11日 (土)

タミヤ ブラックカウンタック 競技用スペシャル

Lp500r2

時はスーパーカーブーム。。。

マブチ RS-380モーターが主流の頃、RS-540モーターを装備した競技用スペシャルというシリーズが生まれました。その一つがブラックカウンタック競技用スペシャルです。デザインはLP500Rを参考にタミヤがデザインしたものです。

Lp500r
こちらはLP500Rです。サイドのデザインが異なります。

競技用スペシャルの共通仕様として、7.2Vラクダタイプバッテリー、RS-540Sモーター、ベアリング、サンドイッチタイヤがありました。サンドイッチタイヤとは信じられないほどのキャスター角を与えられたフロントタイヤのジオメトリと中心部はゴム、周辺部はスポンジというタイヤにより直進時はゴムが主に接地し直進性が良く、ステアリングを切るとスポンジが主に接地しグリップが良くなるという仕組みです。当時はすごいと思ってましたが、コーナーリング中の接地面積が小さすぎますね。

Caster_2御覧の通りすごいキャスター角です。

Lp500s_normal
こちらはノーマルのLP500Sです。モーターはRS380、タイヤはゴム製です。

今でも人気があり、オークションでも高額で取引されています。

Lp500s
こちらはタムテックギアの1/12カウンタックLP500Sです。私も購入しましたが、まだ組み立ててません。サイズはブラックカウンタック競技用スペシャルと同じです。ブラックカウンタック競技用スペシャル用のシールを買って黒く塗装しようと思ったのですが、オーバーフェンダーのデザインが違うんです。あちらは丸くこちらは角ばっています。樹脂製ボディに対してポリカーボネイトですが、フロントバンパーがないし、取り付けるピンもないので部屋に飾るとしてもGoodです。性能をブラックカウンタック競技用スペシャルと比較すると足回りは4輪ダブルウィッシュボーンのタムテックギアが有利。パワーはブラックカウンタック競技用スペシャルですが、タムテックギア用のブラシレスもあるようでそうなるとタムテックギアが有利? バッテリーもLipoが使えます。問題なのはシャーシの剛性というより強度でタムテックギアはシャーシが弱いです。ですのでほどほどのスピードで遊ぶのがいいでしょう。

Lp500s2_5

リアビューが最高ですね。

« タミヤ アスチュート 9.6V 1700mAH SCR | トップページ | Raspberry Pi で作るラジコン セットアップ画面作成中2 »

ラジコン マシーン紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2247093/69853824

この記事へのトラックバック一覧です: タミヤ ブラックカウンタック 競技用スペシャル:

« タミヤ アスチュート 9.6V 1700mAH SCR | トップページ | Raspberry Pi で作るラジコン セットアップ画面作成中2 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31